論点がずれる上司≪話がかみ合わない上司への怒り!≫

企業は利益を追求する為に活動をしています。もちろん利益だけではなく社員の生活を充実させる為でもありますが、その目的を果たす為には生産性や効率といった面にも配慮しなければなりません。しかし企業の中にはムダが多い企業、上司が本質を理解できてないなど大きな問題を抱えているところもあります。やはり上司は今進めているプロジェクトや日々の業務において全体を把握し、ポイントを理解していなければならないのですが、どうも論点がずれている上司、話がかみ合わないと嘆いている社員の方も多いのではないでしょうか?そんな無能上司に物申したい!そういう方はどしどしご投稿下さい!

本質理解ができない話がかみ合わない論点がズレている上司へ!

投稿する






※特定の個人名・団体名・企業名の投稿は削除させていただきます。

コミュニケーション取っても高齢者騙して契約トラブル起こしてはダメでしょう。
そのあとの対応は私らがするんだからね。
ふざけんじゃねーよ。

この愚痴やイライラに共感なら!
+3

コミュニケーション取ってもうまく連携出来てないし、それに事実確認しないといけない程、人の管理出来てないんじゃいくら人を入れても無意味な気がする。
本当に殺意がわいたわ。

この愚痴やイライラに共感なら!
+2

女の上司でいい加減な奴がいるが、そいつに付き合わされるのがもう、限界だわ。
お前のせいで空気が悪いわ。
いい加減にしろよ。

この愚痴やイライラに共感なら!
+1

辛い思いさせられてるのにこっちが悪いみたいな言い方するし、部下の話を信じてないし、そんなんでマネージャーって役職が務まるな。
元ヤンキーの方がお前よりかはマネージャーらしいわ。
退職者が0にならないのはお前が部下の話にしっかり耳を傾けないからだろう?
デスノートに名前を書かれて当然だと思う。

この愚痴やイライラに共感なら!
+10

部下の気持ちに寄り添えて無いし、空気読めて無いし、部下の話を信じないで『それは違う』と言って突っついてくる。
お前のいい加減さに付き合わされる方の身にもなれ。
具合が悪くなって欠勤が増えて当然だろうね。

この愚痴やイライラに共感なら!
+6

部下の気持ちを理解できない上司になんか付き合いきれないわ。
さっさとクビになれ。

この愚痴やイライラに共感なら!
+11

ウチの職場の上司は人の話がわからないって以前に部下を信用して無いんじゃない?

この愚痴やイライラに共感なら!
+11

キモい~

私の後から入ってきたくせに、この仕事の経験者だからって偉そうに私に教えてくる奴ほんと腹立つ~。しかも彼氏いないって言ってから、なんかちょっと距離が近い感じが余計にキモい。てか一応後輩のくせに先輩づらして、私にタメ口使ってんじゃねーよって感じ。

この愚痴やイライラに共感なら!
+7

ブラック企業

安月給なので毎日サービス残業。こんなの体が持たない。
上司にもっと時間を意識して…と軽く言ってみたらキレられた。
はぁ?何も言っちゃいかんのか?この現状を何も思わないのか?
これがブラック企業です。分かっているけど変えようとしない。

この愚痴やイライラに共感なら!
+11

せみ

人に厳しく、自分に甘い上司なので良い提案をして却下。
基準は自分。決して基準を会社や部署においていない。
論点なんか合うわけがない。合そうとしてもズラしてくる。
全く論外、バカ、あほ、無能。

この愚痴やイライラに共感なら!
+12

ぐちば , USA 0.0 0.0 15 15 コミュニケーション取っても高齢者騙して契約トラブル起こしてはダメでしょう。そのあとの対応は私らがするんだからね。ふざ
次のページ:
12

心をスッキリさせるコラム

  1. 営業職を辞めたい≪向いていない女性・男性の発散場≫ 思うように成績が上がらない…、毎日のプレッシャーが辛い、毎日仕事に行くが億劫だと感じている女性、男性の皆様、ここでその辛い心情を発散して下さい!…
  2. 先輩が嫌いでムカつく≪仕事のイライラ愚痴を発散する場≫ 人には言うけれど自分ができてない、自分には甘いけど部下には厳しいなど、一緒に仕事をしていくのが難しい先輩がいたり、どうしても嫌いな先輩がいたり。そんな仕事のイライラやムカつく気持ち、愚痴を思い切りここで吐き出して気持ちを軽くしましょう。…
  3. 見下してくる上司≪人間関係に疲れた!イライラ発散しよう!≫ 会社は上下関係がハッキリしているので、ある意味上司には逆らえない立場です。しかし愚かな上司はそれをいい事に威張ったり、命令したり、部下を奴隷や私物のようにとんでもない発言をしたり、傲慢な態度を取ったり一体何様のつもりかと思うくらい人間性が欠落している人がいます。そんな人に部…
  4. 自分にイライラする≪ストレスを溜めこまない場≫ 思い通りに事が運ばない時や同じ過ちを繰り返したり…。自分自身にイライラすることって誰でもありますよね。そんな害となる感情はこちらで思い切り発散しましょう。…
  5. 一言多い上司≪イラッとさせる先輩への愚痴!≫ 要領の悪い人は存在します。それは決して入社したての新入社員ことではありません。長くその会社に勤めている上司の中にもそのような人がいます。そんな人に限って見事なまでに一言多い。どうしてその必要ない一言を言うのか?どうして最後に吐き捨てるように決め台詞を放ちたいのか?自己満の塊…
  6. 愚痴りたい≪溜まった感情を発散させる場!≫ ホントにムカつく、マジでイライラ…。そのような感情を溜めこんでいて良い事など一つもありません。またそのような感情を内に溜め込んでいると憎悪の感情や怒りが増幅されていってしまいます。そんな時はネットに思い切り吐き出してガス抜きをしましょう。上手にガス抜きすることが気分を軽くす…
  7. 同僚が嫌い過ぎる≪合わない同僚と距離を置きたい!愚痴広場!≫ 誰にだって合う合わないはあります。それを無理に合そうとしても疲れるだけであり、余計にストレスを溜める原因になります。例えそれが上司であっても部下であっても、同僚であっても同じです。嫌い過ぎるのは無理もありません。しかしそんな怒りや距離を置きたい心理によって不快な感情が高まっ…
  8. パートを辞めたい≪言えない人や人間関係の発散場≫ 勤めている勤務先や採用されたパート先、なかなか人間関係に馴染めなかったり、覚える業務が大変だったり、誰しも合わない仕事あるものです。そんな辛い気持ちをここで思い切り発散して下さい!…
  9. 彼氏が腹立つ!ムカつく≪愚痴発散!≫ 恋愛をしていると彼氏の意味不明な行動や自分勝手な言動でムカつく!腹が立つってことありますよね。そんなイライラする感情をここで発散して下さい!…
  10. 上司に好かれる女性の特徴は?可愛がられる部下の特徴は? 職場で良好な人間関係を築くことは色々な面で大切です。では会社で上司に好かれる女性、引き立てを受けたり、可愛がられる部下はどういった特徴があるのでしょうか?…
  11. 偏見の目で見る人強い人≪ストレスやイライラを発散する場≫ 自分の価値観でモノを話す方、自分こそが世界基準、人間の中心かと思っているような偏見の目で人を見る人や過度に偏見が強い人がいます。そんな方から何か言われたり、曲がった目で見られてイライラしている方は、ここで思い切り吐き出してストレスを発散して下さい!…
  12. 夫婦喧嘩に疲れた!もう無理、離婚したい! 日常の生活の中で性格的な相性の悪さやイライラしやすい性格、また完璧主義、理想が高い、相手に対して過干渉、子育て、仕事とストレスが溜まる要因は数多くあります。常に楽しい気分で常に新鮮な気分で生活するのは、ほぼ不可能でしょう。そんな夫婦喧嘩にヘトヘトとなっている方、もう本当に疲…
  13. 人間関係がうまくいかない名言集!疲れた時の言葉! 相手をこんなふうに変えてやろうとか、相手に何か働きかけてやろうとするよりも、自分が変わってやろうという気持ちが、良好な人間関係の秘訣である- 内藤誼人 -他人に期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずに済ませることができる。こうすれば人…
  14. マジでムカつく旦那へ仕返し!≪怒りを発散する場!≫ 身勝手な人、求める事とやってる事が全く違う人、そんな人がいるものですが、特に自宅では関わる距離も近く、関わる頻度も多いのでムカつくものです。やはり旦那様の理不尽な事、感謝もなければ何でも当たり前。こっちは忙しいのにそんな事も気にも留めずゲームやったりボーってとしてたり。イラ…
  15. 理解不能な上司≪理解しがたい言動や行動を取る先輩への怒り!≫ 人には良識があり、深層心理にも様々な境界線が存在します。会社だけでなく様々な人間関係において、常軌を逸した行動を取る先輩、どうしても理解不能なダメ上司。こういう人の良識や境界線を越えたヤバい人は会社の中で自分だけ能天気に仕事をしています。こんな事だからこの会社はダメなんだ!…
  16. 育児に疲れた…ノイローゼやイライラが止まらない 育児という労働は極めて大変なものです。ストレスが溜まったりイライラが募ったり、最初は少し疲れた程度かもしれませんが段々と疲労が蓄積するにつれてノイローゼともなる大変な労働です。そんな疲れが溜まっている方はここでその思いを存分に吐き出してください。一人で抱え込むのは決してよく…
  17. 運転のイライラ≪愚痴や鬱憤を晴らす場!≫ 車の運転は危険を伴うものです。特に人を乗せていると、その人の命を預かっているわけであり、どんなに自分が気を付けていても、急に人が飛び出して来たり高齢者ドライバーの逆走なども問題になっています。やはり人それぞれ運転技術が違ったり、自分の感覚でちょうど良いスピードが違ったり、個…
PAGE TOP