人間関係がうまくいかない名言集!疲れた時の言葉!


相手をこんなふうに変えてやろうとか、相手に何か働きかけてやろうとするよりも、自分が変わってやろうという気持ちが、良好な人間関係の秘訣である
– 内藤誼人 –


他人に期待などしなければ、つまらないことで感情的にならずに済ませることができる。こうすれば人間関係に波風も立たなくなり、円満に誰とでも付き合える
– タモリ –

一言で人間関係といっても、どれほど複雑でどれほど理不尽で…というのは個々に違いますが、いくら相手を変えようと頑張っても余計に対立するだけ、また変わって欲しい、いなくなって欲しいという期待を持つと、それが実現していないわけですから余計にストレスを溜めるのです。

相手を変えようとする努力や期待よりも、自分が気にしない、自分が上手に柔軟に交わす術を身につける努力の方が結果的には自分を楽にしてくれるはずです。

真面目な人


人間関係で悩みやすい人には、明確な特徴があります。それは一言で言うと「真面目」だということです。いわゆる「いい人」と言い換えてもいいでしょう
– 心屋仁之助 –

これは決して真面目がダメだとか不真面目がいいのだと言っているのではないと思います。要するに人間関係というのは、必ず人それぞれのタイプがあって合う人には合うし、合わない人はどんなに真面目に接しても合わないんです。ですから合わない人に対して、真面目に接しようとするからストレスが溜まるんです。この人とは合わないのだと。その合わない上で、良い意味で適当に接して必要以上に自分を追い込まないことが大切でしょう。

短期だけでは分からない人との関係


若いうちから人とのつながりを大切にしておくと、40代くらいになって効いてきます。人間関係も、短期的な結果を求めず長期的な視点をもって育てて欲しいと思います
– 心屋仁之助 –

人間関係といっても職場の上下関係や同僚、部下との関係、また恋愛、部活など人と関わるところ全てが人間関係になるわけですが、嫌な人間関係も捉え方、取り組み方によって有益なものになる場合も当然あります。人を観察する力が身に付いたり、こういう難しい人はどうすれば機嫌が良くなるのか?難しそうな人だと思っていたけど実は単純な人かも?そうやって人間の観察力を身につける為には様々なタイプの人と接した方が良いのです。

そしてその洞察力が恋愛であったり、他の人間関係など様々な場面で活かされてくるのです。生きている限り必ず人と何らかの関わりを持っていくので、短期的な視点だけで嫌な経験と思いこまないことでしょう。そしてこれが先ほどの真面目過ぎるということでもあるのではないでしょうか。

被害者意識


どんな人間関係のトラブルも解決するにあたって最初に捨てなければならないのは「自分が否定されている」という被害妄想です
– 江原啓之 –

人間関係の辛さというのは一体何なのか?それは自尊心が傷つけられたり、自分が恥ずかしい思いをしているといった自分が自分に対して何を思っているかなのです。そして先輩、後輩、あるいは上司、部下など環境的に上下が出来上がっている人間関係もありますが、被害者意識を捨ててみるのも大切です。

被害者と思うから、なかなか変わっていかない、バリアを張ってしまっているから打ち解けられないという場合もあります。誰だって部活に入り立ての頃は新人、後輩になり社会人でも20代前半や中間は、周りは先輩が多いので萎縮してしまうことがあるのですが、ある程度年数を経てば、誰だって先輩よりも後輩が増えていきます。

大体の人間関係というのは上下関係で悩むのです。だからこの上下でない環境、つまり先輩が卒業したり、転勤したり、あるいは後輩が増えたりすると、今までの上下からの苦しみは、どんな環境であっても緩和されていくので、今は我慢しかないかなと思うのもありですし、変化のしない環境はありませんから、人間関係をどうにかしようという悩みというよりも今を乗り越えよう、気にしないで過ごそうとする術を身につけるのも重要ではないでしょうか。

心をスッキリさせるコラム

  1. 友達と距離を置きたい!≪嫌いになった怒り広場!≫ 身勝手な友達や常識に欠ける友人、またギブアンドテイクを理解しておらず、とにかく自分のことしか考えていないなど、いくら長年の友人といっても限界がありますよね。イライラしたり、限度を超すと友人関係を継続することすら考えてしまいます。ここでは同性であっても異性であっても友達と距離…
  2. 気分屋な上司は疲れる≪男性・女性の愚痴場!≫ 会社に勤めることの最大の問題といえば人間関係、年齢も違えば女性、男性の性別も違う、また人生経験も違えば価値観も違う。そして管理職として部下への配慮が足らずに自分勝手、気分屋な上司はいるものです。気分屋ほど疲れるものはありません。やはり求めてくるものや対応に理不尽さがあり、ま…
  3. 子育てのストレス発散≪イライラや愚痴を吐き出す場!≫ お子様が生まれると子育ては続くわけで休める日はありません。時にはイライラしたりストレスが溜まったり。そんな鬱憤が溜まった時にはこちらで思い切りストレス発散して吐き出しましょう!…
  4. デリカシーのない上司≪プライベートを聞いてくる先輩への怒り!≫ 人に聞いても良い事、聞いても仕方のない事もあれば、それ聞くの?どうしてあなたにそんな事を聞かれないといけないの?答えないといけないの?そういったデリケートな問題、聞かれたくないラインというものが存在します。しかし見事にそんなデッドラインがないかのように聞いてくるデリカシーの…
  5. バイトのムカつく事やイライラ≪愚痴を発散する場!≫ 職場に無茶なことを要求してくれる先輩や理解できない上司などアルバイト先でのムカつく事、イライラすることなどここで思い切り愚痴を発散して下さい!溜めていても怒りが込み上げてくるだけです!…
  6. いい加減な上司や先輩に物申す!≪ムカつく感情を発散!≫ 思わず絶叫したくなるファンタスティックな先輩や大雑把な上司、どんぶりも大好きだけど、どんぶり勘定がもっと大好物な上司など本当に丁度良い加減ではなく、いい加減な上司や先輩に物を申したい!そういう方が意外に多いのではないでしょうか?性格のムラはそのまま仕事に現れ、管理職者がこれ…
  7. 武勇伝を語る上司≪自慢大好きな上司への怒り!≫ 俺は昔こんなにすごかったんだぜぇ!俺って昔はちょっとヤンチャだったんだぜぇ…。そうですか、、、それで?それがどうしたんですか?過去を自慢する上司は現在の自分を否定している上司、過去にすがる先輩は今の自分は過去以上に成長していないと認めているようなもの。武勇伝を語ったところで…
  8. 飲み会に行きたくない≪イライラやストレスを発散する場≫ 会社の定期的な飲み会や上司からの自慢話の為の飲み会、またいきなり誘ってくる上司など。そんなストレスやイライラをこちらで思い切り発散して下さい!…
  9. 愚痴りたい≪溜まった感情を発散させる場!≫ ホントにムカつく、マジでイライラ…。そのような感情を溜めこんでいて良い事など一つもありません。またそのような感情を内に溜め込んでいると憎悪の感情や怒りが増幅されていってしまいます。そんな時はネットに思い切り吐き出してガス抜きをしましょう。上手にガス抜きすることが気分を軽くす…
  10. 友達がムカつく!腹立つ!≪愚痴を発散しよう≫ 例え知人や友人といってもウマが合う合わないはありますし、非常識、無神経な友達はいるものです。ここでそのような友達がムカつく、腹が立つという感情や愚痴を発散させましょう!…
  11. 浮気された!立ち直る為の愚痴やストレス発散の場! 恋人関係や夫婦関係においてお相手に浮気をされたという方、その怒りや不信感を払拭する為、立ち直る為にモヤモヤした感情や辛い感情、ストレスを思い切り発散して下さい!…
  12. 仕事に行きたくない≪辛いストレスの愚痴を発散する場!≫ 一度採用されると定年まで続いてしまう仕事。誰だって仕事に行きたくないと思うことはあるものです。自分を責めず、自分に怒らず、まずは心のモヤモヤを発散しましょう。仕事に行きたくない方の心情をご投稿下さいませ!…
  13. 見下してくる友人≪上から目線の友達のイライラ爆発広場!≫ 批判が大好きな人がいたり、優劣を過度に気にする人って世の中以外に多いのかもしれません。その優越感や自己顕示欲など、それによるメリットもあるかもしれませんが、やはり人間関係を崩壊へと導きやすい感情や欲求かもしれません。皆さんの周りにも人を見下してくる友人や上からモノを言うのが…
  14. お局のパワハラ!≪辞めさせたいお局への怒り爆発広場!≫ どういうわけか会社で影響力のある存在は上司ではなく、長年勤めているお局であることが多いのは気のせいでしょうか?お局と言っても優しいお局もいて全てが悪であるとは言い切れないかもしれませんが、やはり割合的に組織にとってマイナスに作用していることが多い職場が多いように思います。男…
  15. 旦那が嫌い≪イライラやストレスを発散する場!≫ 一度イラッと来たら、何をするにも何を言うにも段々と旦那様に対してイライラしてくるものです。そんな時はストレスを溜め込まないで思い切り外に出して発散しましょう。愚痴大歓迎!…
  16. 常識のない人のイライラやストレスを発散する場! 世の中にはとんでもない基準を持った人やあまりにも常識のない人はいるものです。そんな非常識な人から言われたこと、されたこと、感じたこと。もしそれが原因でストレスを溜めている方はこちらで愚痴を思い切り発散して下さい!…
  17. 運転のイライラ≪愚痴や鬱憤を晴らす場!≫ 車の運転は危険を伴うものです。特に人を乗せていると、その人の命を預かっているわけであり、どんなに自分が気を付けていても、急に人が飛び出して来たり高齢者ドライバーの逆走なども問題になっています。やはり人それぞれ運転技術が違ったり、自分の感覚でちょうど良いスピードが違ったり、個…
PAGE TOP